フィットライフコーヒー 成分

フィットライフコーヒーの成分は?

 

食後の血糖値対策フィットライフコーヒー

 

血糖値が気になる方のために開発された、食後の血糖値の上昇を抑えるコーヒーです。

 

特定保健用食品(トクホ)として認可されており、ヒト試験によっても保健効果が認められています。

 

そんな「フィットライフコーヒー」ですが、一体どのような成分が含まれているのでしょうか?

 

副作用などの危険性は無いのでしょうか?

 

「フィットライフコーヒー」の成分

 

「フィットライフコーヒー」には、どのような成分が含まれているのか、原材料や配合成分の働きについて詳しく見ていきましょう。

 

「フィットライフコーヒー」の原材料

 

・難消化性デキストリン

 

・コーヒー(粉末)

 

「フィットライフコーヒー」の成分表(8.5g/1包あたり)

 

・エネルギー 19kcal

 

・たんぱく質 0.2g

 

・脂質     0g

 

・糖質    1.1g

 

・食物繊維  6.7g

 

・ナトリウム 0.7mg

 

「フィットライフコーヒー」の成分を見ると一般的なコーヒーに比べて食物繊維が多く含まれいるのがわかりますね。

 

フィットライフコーヒーの原材料には、コーヒーの他に【難消化性デキストリン】という血糖値の上昇を抑える食物繊維が含まれています。

 

それでは、この『難消化性デキストリン』について、詳しく見てみましょう。

 

難消化性デキストリンの特徴

 

「フィットライフコーヒー」に含まれる『難消化性デキストリン』は、トウモロコシを原料とした水に溶けやすいけれど、体内では消化されにくい性質をもった食物繊維です。

 

難消化性デキストリンは、食生活の変化によって生活習慣病が問題視されるようになってから、食物繊維の不足を補うために作られました。

 

日本で流通しているトクホの約3割に、この難消化性デキストリンが採用されているほどで、とても優れた働きを持つ機能性食品素材なのです。

 

そして、食後に摂取することによって、次の3つの働きがあることが認められています。

 

難消化性デキストリン3つの働き

 

1.整腸作用

 

2.食後の血糖値の上昇を抑える作用

 

3.食後の中性脂肪の上昇を抑える作用

 

「フィットライフコーヒー」は、この難消化性デキストリンの働きを、日常に手軽に活かせるように開発された、画期的な機能性食品なのです。

 

難消化性デキストリンの副作用と安全性

 

いくら身体に良い働きがあると言っても、副作用などの危険性があれば注意が必要ですよね。

 

病院で処方されるインスリンや血糖値を抑える薬などは、血糖値が急降下するために、めまいなどの危険性があるので注意が必要ですが、難消化性デキストリンにはそのような低血糖を引き起こす危険性はありません。

 

一日の許容摂取量が定められていない、安全性の高い機能性食品素材として、公の機関でも認められているので、安心して摂取することができます。

 

また、血糖値が正常な人が飲んでも、血糖値が下がり過ぎることは無いので、安心して飲むことができます。

 

「フィットライフコーヒー」を飲む時の注意点!

 

難消化性デキストリンは無味無臭なので、コーヒーの香りや味を損なうことなく、美味しく頂くことができます。

 

だからと言って、1日に何杯も大量に飲んでしまえば、腸内の水分量が整わずお腹が緩んだり、善玉菌が活性化すると共に、悪玉菌が増えて便秘になったりすることがあるので気を付けなくてはなりません。

 

そのため、体調に合わせて一日に1杯から3杯を目安に飲むように心がける事が大事です。

 

もし、病院で処方された薬を飲んでいる方は、かかりつけの医師に相談するようにしてくださいね。

 

「フィットライフコーヒー」の成分を活かした効果的な飲み方

 

カップにフィットライフコーヒーを1包と、お湯を約100ml 入れ、よくかき混ぜて頂きます。

 

賞味期限は製造日より6ヵ月です。

 

血糖値が気になる方は砂糖などを入れずに、そのままブラックで飲むようにしましょう。

 

食事や間食の際にとり入れれば、糖の吸収が抑えられ血糖値の上昇を防ぐことが期待できます。

 

⇒美味しく健康をサポート「フィットライフコーヒー」の詳細を公式サイトで見てみる

page top